• ハウスボートとは?
  • 水路ミニ知識
  • 訪れた街はココ

トロントがレインボーカラーに染まる、エキサイティングな10日間 2014年6月20日〜29日

来年6月、LGBTのビッグイベント「ワールドプライド2014トロント」(WP14TO)が、ついに開催されます。
これは、毎年100万人以上の人が集まるトロント恒例の「プライド・ウィーク」を世界規模にスケールアップして行われるもの。10日間にわたり、街中で華やかなイベントが繰り広げられる予定です。
「ワールドプライド」は、2000年にイタリアのローマで初めて開催されて以来、これまでエルサレム、ロンドンと数年ごとに3回実施されました。いわばLGBT界のオリンピックのような国際イベント。“世界のLGBTTIQQ2SA*コミュニティの文化や積極性を称え、過去を誇り、現在を祝い、よりよい未来につなげるためのお祭り”で、トロントはその第4回目の開催地として選ばれました。北米で行われるのは初めてとあり、1年以上前からトロントはもちろん、カナダのLGBTシーンはかなりの盛り上がりとなっています。

2012年のロンドンに次いで第4回目のワールドプライドに

WP14TOのホストは、毎年「プライド・ウィーク」を運営しているトロントのLGBT組織「プライド・トロント」。オンタリオ州政府やトロント市をはじめ、国際大手企業、銀行、ホテルチェーンなど、多くのサポートを得て、例年開催されるイベントの華やかさがさらにパワーアップ。様々なコンサートやステージイベント、パーティ、そして最後のパレードまで、めくるめく10日間が期待されています。
メイン会場は、トロント最大のゲイビレッジ「チャーチ・ストリート」。ここを中心に朝から深夜まで、市内全域のあちこちで関連イベントが行われます。期間中はお目当ての催しを求めて、イベントカレンダー片手に大忙しとなること必至!
LGBTの方はもちろん、誰もが思い切り楽しめる盛大なフェスティバル。世界から訪れる参加者とともに、ここトロントで多様であることの自由をお祝いしてみませんか。

※「ワールドプライド2014トロント」は、6月29日に終了しました。近く現地レポートを掲載予定です!

街中に思い思いのメッセージが溢れます

トロント、そして世界から様々なチームが参加予定

※LGBTTIQQ2SA=lesbian, gay, bisexual, transsexual, transgender, intersex, queer, questioning, two-spirited, and allies(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、性転換者など、あらゆるタイプのセクシャル・マイノリティの総称)/ 本サイトでは、よりわかりやすく読んでいただくため、LGBT、あるいはゲイと省略表記しております)。

見逃せない! イベントいろいろ

Pride Parade プライド・パレード

イベントのクライマックスは、やはり最終日に行われるプライド・パレード。例えば2013年のパレードでは、様々なLGBTの団体をはじめ、学校や企業、レストラン、ショップ、そして警察官や消防隊員、政治家まで、160のチームが参加し、カラフルに飾り付けたフロートやド派手な衣装を着て練り歩き、ダウンタウンをレインボーカラーで埋めつくしました。メッセージ性の高いチームもあれば、とにかくハイテンションで踊りまくるチーム、子どもたちとともに幸せそうに行進するチーム、全裸にボディペイントをしてダンスを披露するチームなど様々あり、沿道には観客もぎっしり。とにかくみんな楽しそうで、2時間以上にわたるパレードの間中、大変な盛り上がりに。WP14TOでは参加チームもさらに増え、またより国際色の強いものになりそう。見応えあることまちがいなしです!

※過激な表現をするチームもあります。未成年の方の見学については保護者の方がご判断ください。

■6月29日(日) PM2:00スタート

Trans Pride March& Dyke March トランス・プライド・マーチ&ダイク・マーチ

プライド・パレードに先立って行われるのが、トランス・ジェンダーの方たちによるトランス・プライド・マーチ、そしてレズビアンの方たちによるダイク・マーチです。これらも毎年恒例のイベントで、プライド・パレードに比べて規模は小さくなりますが、よりメッセージ性が高く、それぞれの主張が前面におしだされるのも特徴。レザーウエアの女性バイク集団など、日本ではなかなか見られない光景が目白押し。迫力あります。

■トランス・プライド・マーチ 6月27日(金)
■ダイク・マーチ 6月28日(土)

Streetfair ストリートフェア

WP14TOの最後の3日間は、盛り上がりも最高潮に。イベントの中心地チャーチ・ストリートでは、約10ブロックにわたって車の通行がシャットアウトされ、通り沿いには、この地域のショップやレストランをはじめ、アーティストなどの様々な屋台が登場。商品サンプルを配る屋台も多く、歩いているだけでカラフルな品物で手元がいっぱいになってしまうほど。ストリートパフォーマーをはじめ、思い思いの派手な衣装やボディペイントで自己主張する人たちが行きかい、ストリート全体がテーマパーク状態に。LGBTの方、ストレートの方、そして子供から大人までいろいろな人でごった返し、まさにお祭り騒ぎの楽しさです。

■6月27日(金)〜29日(日)

Outdoor Stage アウトドア・ステージ

チャーチ・ストリートをはじめ、ダウンタウンの中心地であるダンダス・スクエアなどに、特設の屋外ステージが何か所も登場。様々なショーやコンサートが繰り広げられます。とりわけ最後の3日間、6月27日〜29日の週末は華やかなプログラムがぎっしり。国内外の有名アーティストも登場します!

Affiliate Event 関連イベント

WP14TOは、たくさんの公的機関や企業、ホテル、メディアなどにサポートされています。このため、期間中は街中でいろいろな関連イベントが予定されています。子供も楽しめるファミリーイベントから、深夜まで賑やかなパーティまで、盛りだくさん。スケジュールや内容は、オフィシャルプログラムでチェックを。

WP14TOを楽しむためのツアーパッケージ

トロントにあるLGBT向けの旅行会社「レインボー・トラベル」では、WP14TOを堪能するためのツアーパッケージを各種用意しています。期間中の有料イベントのチケットやプライド・パレードを観るためのスペシャルシートなどとともに、トロントのLGBTシーンやナイアガラの滝などの観光がセットになったものなど、1日ツアーからホテル付きの数日間のツアーまで、多数のコースがあります。中にはパレードに参加できるプログラム「リトル・パッケージ」や、「ビッグ・パッケージ」なども!
ワールドプライドと合わせて、トロントの魅力を満喫するのにおすすめ。リクエストがあれば、同性婚ウェディングのアレンジも可能です!

ナイアガラ、そしてカナダ・デーのオタワとセットで楽しもう!

せっかくカナダに行くなら、トロントとその周辺の魅力もたっぷり楽しみたいもの。そこでWP14TOとともに堪能する、おすすめスケジュール(5泊7日)をご紹介しましょう。

2014年6月27日(金)日本発、同日トロント着。空港からダウンタウンへ移動。
夕方、WP14TOのイベントをエンジョイ(トロント泊)
6月28日(土)&29日(日)WP14TOのイベントやパレードをエンジョイ(トロント泊)
6月30日(月)午前中にナイアガラへ移動。滝観光やワイナリー訪問など。
夕方、トロントに戻り、国内線でオタワへ移動(オタワ泊)
7月1日(火)終日、カナダ・デー(カナダの建国記念日)で盛り上がる街を満喫(オタワ泊)
7月2日(水)オタワからトロント経由で日本へ(日付変更線を通過して、翌日の3日(木)に日本着)

ナイアガラの滝は、トロントから車で1時間半程度の近さ。カナダ最大のワイン産地でもあり、ワイナリー巡りも人気です。トロントから滝とワインを楽しむ日帰りツアーも多数あります。
また7月1日のカナダ・デーは、ぜひ首都オタワへ。この日はカナダの各都市で様々なお祭りが行われますが、やはり首都の盛り上がりは別格。国会議事堂を中心に街中がフェスティバル会場となり、賑やかな雰囲気が充満する様子は一見の価値あり。夜には盛大な花火も打ち上げられ、WP14TOの勢いのまま、ハイテンションで楽しめそうです。