• ハウスボートとは?
  • 水路ミニ知識
  • 訪れた街はココ

旅レポート

  • 1日目
  • 2日目 class=
  • 3日目
  • 4日目

3日目「気ままなボート・ライフ」

モーニング・フィッシング

昨夜の続きで朝焼けもきれい(写真は6時頃の撮影)。朝ごはんには、パンケーキにたっぷりのメープルシロップを。カナダに来たら、この味が楽しみですよね!

さて、満腹だ!と思いながら外を見ると、ボートのむこうでは釣りを楽しむ同行カメラマン。人生で初めての釣りだといいながらも、すぐにバスを釣り上げていました。
なんと、水がきれいで魚が泳いでいるのが見えるのです。その口の前にルアーをたらせば、そりゃひっかかりますよね。「もう少し、釣りの醍醐味を味わいたかった」なんて贅沢なことを言っていましたが。

私はというと、昨日に引き続き佐久間さんと一緒にカヤックを。
すーっと水の上を進む感覚が気持ちよくて、すっかりハマってしまったのでした。

ボブケイジャンの街を散策

ボートでの生活ペースにも慣れてきたところで、本日は折り返し日。少しずつ、来た水路を戻ります。
最初に通過したボブケイジャンのロックまで戻ったところで、街の散策に出かけてみることにしました。

素朴な雰囲気が漂う小さな街は、気の向くままにそぞろ歩くにはちょうどいいサイズです。コーヒーショップのゆったりとしたソファでくつろいだり、足りなくなったビールを買ったり。ウィンドウショッピングしたり、はたまた、地元で大人気のアイスクリームを食べたり。

自転車があればさらに足が伸ばせて面白いかも。「次にボートトリップするときは、自転車を積み込もう」なんて、早くも次の計画を立てている自分にビックリ。街中にあるかわいらしいB&Bを見ても、「この次はもっと長いクルーズにして、1泊くらいはこういうところに泊まるのもいいな」などと具体的に計画を立ててしまうのでした。