アクセスマップ

カントリーインのスパでワインセラピーも

ワイナリー巡りの旅におすすめの滞在場所は、エレガントでしかもアットホームな雰囲気をもつカントリーイン。普通のホテルに比べると規模は小さく、また部屋のサイズもインテリアもそれぞれ異なるなど、まるで誰かのお屋敷に滞在しているような気分を味わえるのが特徴です。ナイアガラ・オン・ザ・レイク一帯には伝統があり、しかも設備の整ったハイクラスのカントリーインが数多くあります。
選びたいのは、スパも併設したリゾートタイプ。ワイナリー巡りの後は、ゆっくりとボディートリートメントを受け、ジャクージーやプールで締めくくりを。下記で紹介しているところの多くはワインブドウを利用したトリートメントも提供。ナイアガラならではのリラクゼーション体験が楽しめます。

おすすめのカントリーイン&スパ

Piller and Post ピラー・アンド・ポスト

Homepage

見事な庭園を囲むように客室が配置されたホテル。「100ファウンテン・スパ」ではワインブドウの皮を使ったスクラブや、ブドウのエキスを利用したボディラップなどのシグニチャーメニューも揃っています。滝のあるプールも楽しむことができ、スパ全体は大きく開放的。

(Photo Courtesy: Vintage Hotels)

Prince of Wales プリンス・オブ・ウェールズ

Homepage

ナイアガラ・オン・ザ・レイクのランドマーク的存在。ビクトリアスタイルの客室は雰囲気満点。ピラー&ポストと同系列で、併設の「シークレット・ガーデン・スパ」でも「100ファウンテン・スパ」と同様のメニューを提供。
カントリーインのレストラン情報はこちら

(Photo Courtesy: Vintage Hotels)

Shaw Club Hotel & Spa ショー・クラブ・ホテル&スパ

Homepage

最近、大がかりなリノベーションが行われたデザインホテル風のおしゃれなホテル。併設のスパでは、ワインやブドウが持つ抗酸化パワーを利用したボディラップやスクラブなどの「ヴィノセラピー」、メープルシロップの保湿効果を生かした「ビオ・メープル・コンパウンド」、そしてミルクチョコレートムースのパックなどで肌に活力を与える「チョコセラピー」と、ユニークなトリートメントがいっぱい。

(Photo Courtesy: Shaw Club Hotel & Spa)

Charles Hotel チャールズ・ホテル

Homepage

上のショー・クラブ・ホテル&スパと同系列の優雅な宿。白壁のマナーハウス風の建物は1832年、地元の政治家によって建てられたもの。客室はスタンダードからスーペリアまで4種類あり、全12室。いずれも充分な広さをもち、クラシックな雰囲気の中にコンテンポラリーなエッセンスを効かせ、スタイリッシュにまとめられています。朝食は地元の食材をたっぷりといただける盛り合わせプレートで。ダイニングルームは、夜も人気のレストランとして営業。

Riverbend Inn & Vineyard リバーベンド・イン&ヴィンヤード

Homepage

広大なブドウ畑の中に建つジョージアンスタイルの宿。1809年に建てられた個人邸宅を改装。21ある客室はどれもエレガントで落ち着いた雰囲気です。ブドウ畑を眺望するダイニングルームでは、目の前の畑からとれたオーガニック野菜やハーブをたっぷりいただけます。また敷地内で収穫したブドウで作られたオリジナルラベルのワインも自慢。スパはありませんが、立地、食事ともワインをテーマに滞在するにはぴったりです。
カントリーインのレストラン情報はこちら

Inn on the Twenty イン・オン・ザ・トゥエンティ

Homepage

ケイブ・スプリングス・ワイナリーに隣接。古いワイナリーの建物を改装して作られたイン。アンティークを多用した優雅なインテリアが魅力。スパのスペシャルメニューは、ワインブドウの種に由来するポリフェノールを含んだマッドで全身を包み込む「ワインカントリー・ラップ」。
ワイナリー併設のレストラン情報はこちら

(Photo Courtesy: Inn on the Twenty)

Jordan House ジョーダン・ハウス

Homepage

イン・オン・ザ・トゥエンティから徒歩で5分ほど、やはりケイブ・スプリングス・ワイナリーと同経営のカントリーイン。1842年から続く古い建物ながら、内部はハイテク設備が整いデザインもスタイリッシュ。イン・オン・ザ・トゥエンティのレストランやスパも利用可能です。