カナダの学校ではもう既に夏休みに入っています。

元気一杯の子供達の相手を務める大人の悩み、
それは「毎日子供をどこへ連れて行ったら良いの???」

そんな訳で、気持ちよく晴れた日の午後、
甥っ子で10歳になったばかりのノア君と6歳のライアン君の二人を連れて、
Creature Hunting(生き物ハンティング)に出かけてきました。


一体どんな山奥へ行くのかな〜と思っていたら、
なんと家から車で10分程離れたところにある幹線道路沿いの空き地と公園に行くというのです。

家があるノースヨークエリアは、トロントのダウンタウンよりは郊外で緑も多いとはいえ、
学校や普通の住宅地が広がっているような場所。

しかも彼らの狙いは「ヘビ」だと言うではありませんか!?

それを聞いて、すっかり腰の引けてきた私・・・。

ただ、ヘビと言っても山でとぐろを巻いているような大きな物ではなく、
指くらいの細さの小さなヘビで、ペットとしても人気があるものだとのこと。

以前、同じ場所でヘビを捕まえたことのある彼らはとても真剣。

じーっと地面を睨みながら原っぱをずんずんと進んで行きます。

ヘビの住処としては、転がっている大きな石の下など、暗くて少し湿っているところ・・・
ということで、Creature Huntingの成果や如何に?



続きは次回です。

初めまして!

2008/07/03-12:00:00

こんにちは!オンタリオ州トロント在住の大村絵理です。

これから一年間、「ONTARIO Style」でブログを掲載させていただくことになりました。
どうぞよろしくお願いします。


初回の今日は自己紹介です。


2005年、留学のため、初めてトロントへやってきました。

旅行や仕事で世界の色んな街を見てきましたが、
今まで訪れたどの街よりも国際的で多くの人種と文化が混在するトロントでの生活が気に入って、
留学が終わった後、ワーキングホリデービザを取得して再びトロントへ。

初めての海外での職探しで不安もたくさんありましたが、
縁あって現地の日本語メディアで仕事をさせていただくことに。

一つは、トロントの食べ物を取材して日本語マガジンに記事を書くという、
食いしん坊の私にはピッタリのお仕事!
マルチカルチャー都市のトロントでは世界中の色々な食べ物が楽しめます。

そしてもう一つは、現地の日本語TV番組でのレポーター。
日本でも映像制作の仕事に携わっていましたが、レポーターとしてはまだまだ新米。
一緒に働いている同僚たちのサポートのおかげで、
何とか2年目のシーズンを終えたところです。


プライベートでは昨年カナダ人の夫と結婚して、
現在はトロントの北部に位置するノースヨークにて夫の実家に同居中。

国際結婚、そしてカナダ人のお姑さんとの同居など、
数年前には全く想像していなかった暮らしをしています。
おおらかなカナダ人気質の家族達に助けられながら新妻奮闘中!?といったところでしょうか。


もうすぐカナダで暮らし始めて丸3年になりますが、
ここでの生活では世界中の様々な文化に触れ合うことができ、とても刺激的です。

海外での生活はまだまだ驚きの連続でサバイバルな毎日ですが、
このブログを通してオンタリオの魅力を少しでも皆さんにお伝えできればと思っています。

これから一年間、どうぞよろしくお願いします!

前へ 1,2, ... ,31,32 Page 32 of 32